top of page

【WORK SHOP】_______________________

カテリーナの母屋の空間、野外のコンサートを定期的に開催してきました。

​福生に工房を構えていた時は、カテリーナオープンスペース・みんなのコンサートと題して、世界の民族音楽や日本の伝統芸能、さまざまな音楽会を開いていました。山香へ移転してからこの森でも、その流れを引き継ぎ、演奏会の企画を続けています。今後の劇場化へ向けて、さまざまな音楽や催しの企画も構想しています。

​森の歩みとこれから

【音を奏でる場】

​東京・福生に工房を構えていた時は、カテリーナオープンスペース・みんなのコンサートと題して、世界の民族音楽や日本の伝統芸能を中心とした音楽会を開いていました。山香へ移転してからも、その流れを引き継ぎ、母屋の空間では古楽、ワールドミュージック、アイリッシュ、寄席等々。またカテリーナの森では2021年まで14年間sing bird concertを開催。音楽と自然と食とアートが一体となった空間を森にデザインし、終日森が音楽で包まれる空間へ家族赤ちゃん子供達老若男女多くの方々にお運びいただきました。

今後カテリーナの劇場化を叶えた折りには、屋内野外ともにわくわくするさまざまな催しの企画を構想しています。

【学びの場】

シンプルな楽器作りを通して音の鳴る不思議を体感する合宿。古楽器、オリジナル楽器、私の楽器作りの講座。グレゴリオ聖歌、古楽器を伴奏とする中世・ルネサンス時代の曲を歌う合唱団の指導。自然や、つくることが好きな人の出会いの場となり自然発生的に起こるアンサンブル。耳を澄まして自然の声を聴く。多様な感性が刺激される事で五感が開き、自然を感じ普遍的なものづくりや遊びの中に込められた知恵、音楽を通してそれぞれの可能性が引き出されてゆく、という数々を工房空間と完成した劇場をフルに活用して展開します。

遡る事昭和の中盤頃、この建物の中では英語塾が開かれ片田舎のこの地には多くの人が通っていたといいます。聖歌隊の歌声が建物の外へ洩れ聞こえる音を聞いた瞬間、何か重なり合うものを感じる事がしばしばあります。

この場の役割を鑑みた時、音楽や楽器のみならず今後は様々な講師陣をお迎えして学びの場を設けたいと考えています。